リフォーム可能物件がおすすめ

リフォーム可能物件がおすすめ

不動産売却でリフォームしたほうが高く売れるか分からない場合では、リフォーム可物件として売り出しましょう。それなら最初から費用がかかることはありませんし、本当に今のままで売れるのか判断もできるためおすすめです。
まず最初はそのままの状態で売りに出してみましょう。見た目が悪く思ったほど高く売れないかもしれませんが、購入希望者がどんな価格でどんな住宅を求めているのかがわかりやすくなります。もし希望の額で売れなければリフォームを選択しても良いですし、リフォーム可物件に切り替えると見に来た人が手間をかけず直してくれるとわかり印象がアップします。ただし住宅は古いままのため、購入者が住むイメージは付きにくいため思ったほど高額にならない場合もあります。
次にリフォーム可とした場合についてです。これも購入者がある程度限定されるのですが、買った後に自分達でリフォームの手間をかけられない人もいるようです。内装なら大体のイメージを伝えればよい話のため、引渡し前にやってくれたほうが良いという方も多いのです。大掛かりな内装の変更や間取りを変えるのを希望する人というよりは、壁紙やフリーリングなどを新しくして住みやすくしたい方が選ぶ傾向が見られています。